アトマイザーに消毒用アルコールを入れて持ち運ぶ。コンパクトでいい感じ。

消毒用のアルコールが心強いご時世。

私も外出時に手が洗えない時のためにアルコールを持ち歩いています。

▲ これを分注しています。消毒用エタノールIP。

…が、持ち歩いているスプレー容器が若干大きいため、

少し小さい容器を購入することにしました。

 

アルコール対応と書いてあれば選ぶのは楽ですが、

必ずしも書いていませんよね…(=_=)

どんな材質の容器を選べばよいのか

スプレー容器でよく見かけるのは PET と書いてあるものですが、

容器の材質が PET (ポリエチレンテレフタレート) の場合、

容器が溶けたり変質することがあるそうです。

(※アルコール対応のPETもあります)

 

アルコールに対応しているとされるプラスチックは、

PE…ポリエチレン

PP…ポリプロピレン

PVC…ポリ塩化ビニル

など。

※ ただし、上記の材質の場合でも、

高濃度のアルコールはダメと書いてあることがある ので、

商品の注意書きは必ず確認が必要です。

 

消毒用のアルコールが入っている容器も

ポリエチレン、ポリプロピレンなどが使われています。

f:id:mikanusagi:20200816044228j:plain

 

 

アトマイザーに消毒用アルコールをいれる

そんなわけで今回選んだのはこちら。

ドラッグストアで購入した アトマイザー

アトマイザーとは、香水などを入れるスプレー です。

 

香水は、香料と変性アルコールと水から作られているそうなので、

香水用の容器は、消毒用のアルコールに使うことができる可能性が高いですね。

 

ちなみに、、

メタノール (メチルアルコール)、エタノール (エチルアルコール)、

イソプロパノール (イソプロピルアルコール) などの総称がアルコールです。

 

今回購入したのがこちら。

貝印さんから発売されているアトマイザー。

f:id:mikanusagi:20200723213450j:plain

  • ボトル部分: ガラス
  • キャップ部分: ポリプロピレン
  • スプレー部分: ポリプロピレン
  • ノズル部分: ポリエチレン
  • 付属のスポイト: ポリエチレン

 

ボトル部分がガラス製ですが、小さいこともあってあまり重くありません (14g)。

ガラス製なので、そこはアルコールは大丈夫。

スプレー、ノズル部分も材質を見る限り、大丈夫そうです。

ただ、消毒用アルコール対応とはどこにも書いてない…。

…ということで、自己責任のもとアルコールをいれてみることにします

 

消毒用のアルコールを入れてみます。

f:id:mikanusagi:20200723213524j:plain

 

アトマイザーなので、ワンプッシュで出る量はそんなに多くありません。

f:id:mikanusagi:20200818151058j:plain

▲ 5㎝くらいの距離からあぶらとり紙に

吹き付けたもの。5×3 ㎝程度。

 

あまりたくさん入りませんが、気になるところにちょっとシュッシュとする程度なら、

これ一本持ち歩くので十分かなと思いました。

f:id:mikanusagi:20200723213546j:plain

使い始めて2週間くらいたちますが、

最近は外出先には消毒用のアルコールが設置してあることが多いので、

マイアルコールを使う頻度はあまり高くなくて、

いまのところ、一回、半分量くらい補充した程度です。

そんな感じなので、今の私にはこのくらいの量でちょうどいいのかも…。

 

アトマイザーはコンパクトなものが多いので、

少量持ち歩きたい方にはおすすめです。(*'▽')/

 

※ アトマイザーであっても、

  すべての商品が消毒用アルコール対応とは限りません。

  自己責任でご判断お願い致します。

  商品によっては、何らかの注意書きがあることもあります。