Wi-Fi ルーターを買い換えました。5GHz、2.4GHzの選択が可能に。

f:id:mikanusagi:20181001020140j:plain

現在使用している通信回線が高速になるのに合わせて、

Wi-Fi ルーターを買い換えました。

何かいろいろ書いてあってよく分からない~(ノД`)

てことで、購入前にお勉強したので記録しておきます。

 

基本のおさらい*有線→無線

まず、インターネットの仕組み。

有線でインターネットに接続するには、通信回線とプロバイダとの契約が必要

通信回線は情報が流れている道路で、この道路を自宅に引っ張ってくることが必要。

プロバイダは、通信回線とインターネットに接続する機器をつなぐための手続きをしてくれる、、例えばIPアドレスを振り分けるなど。

 

で、これに WiFi ルーター を接続すると、

自宅でもWiFiを使うことができるようになります。

WiFiは無線LANの一種ですね。

 

ちなみに、私の使ったことのあるルーターは、全て有線LANのコードに接続するだけで、WiFiを使えるようになるものばかりでした。特別な手続きや設定は不要で楽です。

 

f:id:mikanusagi:20181001030753p:plain

 

では本題のWiFiルーターの話。 

10年くらい前に購入したウチのルーター BUFFALO WHR-HP-G300N

f:id:mikanusagi:20181001020543j:plain

まず、、10年位前に買ったコレ。

何かいろいろ書いてあるけど、よくわかっていませんでした (笑)。

11n、g、b…なんだろうコレ、、

と思いつつ買ったのを覚えています (*´Д`)

古いけど、あまり問題なく使えていました。

(ゲーム使用時は結構重いけど、あれは別…)。

というか、光回線だけど、契約している通信回線の速度がそもそも 200 Mpbsくらいなので、これで十分だったんですよね。

今度、その契約している通信回線の速度が 1 Gbps になるとかで、

それなら、ルーター変えとくかな…と。

でもまだ使えるから捨てずにキープ。(*´з`)←こうして荷物が増えていく…

  

今回購入したBUFFALO WSR-2533DHP・CG 

2016年発売モデル。型落ちで少しだけ値段が下がっているものを購入。

ただ、現行モデルとあまり変わらないようなので、こちらにしました。 

f:id:mikanusagi:20181001020038j:plain

正直、今は 1700 Mpbs もいらないのですけどね (笑)。

上のを10年近く使ったことを考えると、コレも長く使う可能性も考えて、、です。

それにしても、昔よりずいぶんスタイリッシュになりましたねぇ…。

f:id:mikanusagi:20181001034624j:plain f:id:mikanusagi:20181001034635j:plain

ちょうど裏面を撮影していますが…

このモデルでは、必要な作業は、電源をつないで、

青いところにモデムからひっぱってきたLANケーブルをつなぐだけです。 

 

で、、11acって、なんだろこれ?(´_ゝ`) 

 

無線LANの通信規格 IEEE802.11 / 5GHzと2.4GHz

国際的な通信の標準規格。

現在、11a, 11b, 11g, 11n, 11ac, 11ad などがあるみたいです。 

11b,g,nは 2.4GHz帯を、11a,n,acは 5GHz帯に接続可能。

11adは60GHz帯をサポート。

 

2.4GHz

メリット:壁や床の障害物に強い。電波が遠くまで届く。

デメリット: 様々な製品で使用されているので、干渉しやすい。他の部屋の電波の影響を受けることもある。

 

ちなみに、電子レンジの周波数も2.4GHzなので、電子レンジの近くにはルーターは置かない方がよい。

 

5GHz

メリット:現時点では、基本的にルーター以外の製品では使われないため、他の干渉を受けにくい。高速通信が可能。

デメリット:障害物に弱く、距離が遠い場合は電波が弱くなる。対応していない機器がある。 屋外では利用できない (法律で禁止)。

 

5GHzにもデメリットがあるので、必ずしもこれが2.4GHzより優れているとは言い切れず、、といったところのようです。

 

ちなみにBuffaloの場合は、

「Buffalo-G-●●●●」(2.4GHz) 

「Buffalo-A-●●●●」(5GHz)

となっていて、機器ごとにどちらかを選択して使うようになっています。

 

通信速度の上り・下りって何だろう?

例えば 100 Mbpsとは、100 Mega bite per seconds のこと。 

1秒間に、100メガバイトのデータのやり取りが可能ということです。

 

 

でよく聞く「上り・下り」について。

上りはアップロードの速度こと、下りはダウンロードの速度のことです。 

なので、動画を見たりする際には、

下り速度が大きい方がスムーズということなのですね。 

 

           f:id:mikanusagi:20181006131443p:plain

 

速度テストをしてみよう

私は外出先でルーターの低速設定 (200kbps) をたまに利用していますが、

メールを見たり、画像の少ないホームページを見るだけなら、

それでもでもあまりストレスは感じません。

 

動画を見るにしても、よほどの高画質でなければ、

10Mbpsの速度があれば十分とも言いますしね…。

 

まだウチの通信回線は新しくはなっていませんが、

5GHzと2.4GHzの比較をしてみます。

 

グーグル提供のインターネット速度テストを使ってやってみます。

f:id:mikanusagi:20181006135802p:plain

グーグルでスピードテストで検索したら、

今のところトップページにこれが出てきます。

速度テストを実行するだけ。

 

f:id:mikanusagi:20181006143137p:plain

ルーターの近くにおいているパソコンをWiFi接続した時がこんな感じ。

通信回線が200Mbpsのはずなので、こんなものですかねぇ?

今使っている環境下では、 5 GHz帯の方がよいということですね。

 

 

なお、、タブレットでもつないでみたところ、

5GHz帯でこんな結果でした。

 

f:id:mikanusagi:20181006134537p:plain

 

また、さらに別のデバイスは、下り 41.1Mbps、上り 49.5Mpbsでした。

つないでいるタイミングもあるかもしれませんが、

デバイスによっても少し違いますね。

 

 

今記事を書くのに使ってる程度では、

5 GHz接続も2.4 GHz接続もあまり違いは分かりませんが…(*´з`)

動画なんか見ていると、タブレットよりは明らかに早いのは分かります。


今度通信回線が 1 Gbpsになったら、また試してみます。

どうなるか楽しみです。では今回はこのへんで。(*'▽')/