独自ドメイン取得までの道のり。ドメインて何? by 初心者。【2018年4月】

f:id:mikanusagi:20180324032732p:plain こんにちは。今回は私のドメイン取得までの道のり。

      実は、ブログ自体はこれが初めてというわけでもないのですが…

     ドメイン取得は初です。

     というか、そもそもドメインて何?っていう状態からスタートという (笑)。

     私のお勉強したことをメモしておきます。   

    

 

 

ドメインて何?

一言でいうと、インターネット上のコンピュータを指す識別子

 

インターネットの世界には、「IPアドレス」という、数字で決められている、コンピュータの識別番号があります。よって、このアドレス、世界に一つしかありません。

 

これがいわゆる、インターネット上の、住所のようなものになりますが、、

 

ドメインは、この数字の羅列の「IPアドレス」を、分かりやすく紐づけたものです。

つまり、数字ばっかりで表示されている住所を、わかりやすく文字で表示したものが、ドメインになります。

 

           f:id:mikanusagi:20180408204126p:plain

 

ドメインは、たとえば下の場合は、http:// 以下を指します。

 

     f:id:mikanusagi:20180408204827p:plain

ちなみに、取得したドメインの前に、いろいろくっつけて、サブドメインを作ることができます。無料で。

(はてなさんでは、独自ドメインを利用する場合は、サブドメイン必須です。)

 

なお、右から順番に、トップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、…と名前がついています。多くの場合、トップレベルドメインを選んで、他の人と重複しないセカンドレベルドメインを決めて、ドメイン取得となります。

 

  f:id:mikanusagi:20180408200227p:plain

  

 

WHOIS情報て何?

全てのドメインには、持ち主の名前や住所などの個人情報が登録されていて、

全て公開されています。WHOIS情報といいます。

 

つまり、ドメイン取得時には、名前や住所などの個人情報の設定が必須なのです。

私のような一般人が、そのようなデータをみることはありませんけども…。

 

え。。個人情報をばらまくの…?(´_ゝ`) それは やだ…。

 

が。心配無用。

代行業者さんにお願いすると、代行業者さんの情報が公開される、というサービスがありますので (『WHOIS情報公開代行』など)、個人利用の場合は、これを利用するのが安心ですね。

 

※「com」や「net」等で利用できます。詳しくは、利用する代行業者さんのホームぺージをご確認くださいね。

 

 

個人でドメインを取得するには?

登録作業の代行業者さんにお願いするのが簡単です。

取得と維持には、お金がかかります。

業者さんは、ネットで検索したら沢山でてきますが、正直迷いますね。

 

今回私が選ぶ際に考慮したポイント

  • 取得時の費用、維持費。キャンペーンの状況。
  • 移管の際の費用はかかるのか。
  • WHOIS情報の公開代行を無料でやってもらえるか。
  • レンタルサーバーとかとの連携はどうなってるか。

 

今回ぱっと見た感じ、わりと基本料金は、どこも似たりよったりでした。

何かのキャンペーンと抱き合わせで、初年度費用が安くなったりとかはありました。

 

ドメイン移管っていうのは、サーバーはそのままに、ドメインそのものの管理業者さんを変えること。私のような初心者でなければ、ドメインを安く買って、都合のよいとこに移管しちゃうこともあるようです。私は今回はその予定はないので、一応、費用の確認だけ。

 

WHOIS情報公開の代行の費用は、業者さんによって、少しずつ違っていました。

 

レンタルサーバーとかとの提携。必要な方は、これも見ておくのはよいですね。

今回は私は不要ですが、WordPressnに興味がないわけではないので、その辺も考慮。

 

 

まとめ

今回はドメインについて調べました。

ところで、無料ブログなどでは、このドメイン自体は、無料で割り当ててもらえます。

自分で取得するのと違う点は、それは、その会社のものってこと。

A社のブログで使用する、A社専用のBさんのドメイン。みたいな?

自分で取得したら、A社のブログで使用する、Bさんのドメイン。

単にブログを書くだけなら、無料のもので十分。何かの目的があって、独自ドメインが必要な時に、取得したらよいですよね。私も今回はいくつか理由があって取得することにしました。長くなるので、それはここでは割愛。

 

さて。なんとなく、ドメインてものが分かったので、

次回は実際に取得してみることとします。