【2019】新しくなった Google Search Console。今の時点で旧バージョンと何が違うのか。

2018年中に、Google Search Console が徐々に新しいバージョンに移行。

古いバージョンに慣れてしまっていた私は、

「以前のバージョンに戻す」を使って古いバージョンのまま使っていました (笑)。

…が、、さすがに使えなくなったページも増えてきて、そのうち使えなくなりそうなので、

そろそろ新しいバージョンのことを学ぶことにしました。

 

まず、、これまでに書いた記事

2018年前半に書いた Google Search Console 関連の記事

Google Search Consoleを使ってみる。 その1.登録編~自分のサイトとの紐づけまで  
Google Search Consoleを使ってみる。 その2.サイトマップ登録編  
Google Search Consoleを使ってみる。 その3.RSS/Atom feed 登録編  
Google Search Consoleを使ってみる。 その4.クロール と インデックス について  
Google Search Consoleを使ってみる。 サイトマップ再送信は必要なのか?  
Google Search Consoleを使ってみる。 その5. Fetch as Googleで再クロールを依頼する  

こちらも、基本的な部分は変わっていないので、

よければご参考ください。(*'▽')/

 

何が新しくなったのか?

Googleさんのヘルプページに解説がありました。 

今回の記事に引用:旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に移行する

 

まだ移行が完了していないようなので、

今回はこのヘルプページを参考に、自分がよく使いそうな部分をかいつまんで、

まとめていこうと思います。 

 

トップページの比較

左が旧バージョン、右が新バージョン (2019/1/1現在)

  f:id:mikanusagi:20181231173013p:plain

言葉が変わってたりして、ちょっと分かりにくい (笑)。

新しい方は随分とすっきりしていますね。

下記がまだ未対応なようなので、今後増えるのかもしれません。

 

まだ変更未対応 (2019/1/1時点):

クロールの統計情報のデータ、robots.txtテスター、Google検索でのURLパラメーターの管理、インターナショナルターゲティング、データハイライター、HTMLの改善、メッセージの読み取りと管理、アドレス変更ツール、使用するドメインの設定、Search Console プロパティとアナリティクスプロパティの関連付け、リンクの否認、インデックスからの古いコンテンツの削除、プロパティセット、ブロックされたリソースのレポート、構造化データレポート

 

では、目立つ変更をみていきます。

検索アナリティクス⇒検索パフォーマンス

最大16カ月分のデータを確認することができるようになった。 

  f:id:mikanusagi:20181231174557p:plain

自分で選択できるんですね。

 

サイトマップ‐レポート⇒サイトマップ

Google ヘルプによると…

レポートに表示される情報にはほとんど違いはありませんが、デザインが改良されました。サイトマップをテストする際、旧レポートではサイトマップの送信が不要であるのに対し、新しいレポートでは送信が必要です。

…(´_ゝ`) ん? 新しいレポートでは送信が必要です?

あ。テストする際か。あまり気にしなくてよいのかな。

 

ちなみに不思議な現象が…

同時刻に確認した旧レポート (上) と新レポート (下)

f:id:mikanusagi:20190101000522p:plain

f:id:mikanusagi:20190101000128p:plain

若干表示が異なる謎…。まあいいか…(笑)

…というか、今回の記事と関係ないけど、

検出されたURLが0になってる…:(*´Д`): 

むしろこっちが問題なのでは…。。

 

Fetch as Google⇒URL検査ツール

Fetch as Google どこへ行ったんだと思っていたら、URL検査ツールでした。

上部の虫眼鏡のところに、登録したいURLを入力して、Enter。

f:id:mikanusagi:20190101003056p:plain

旧バージョンと違うのは、ここには http...から始まる全てのURLを入力すること。

 

さて。試しに、うちのページを入力してみます。

f:id:mikanusagi:20190101003316p:plain

ちなみにこれの意味は、インデックスは登録されていて、Googleの検索で表示される可能性がある、ということらしいです。

 

さて。昨日アップした記事をFetch as Googleで登録していたので、みてみます。 

f:id:mikanusagi:20190101003535p:plain

カバレッジも同時に表示。

f:id:mikanusagi:20190101003549p:plain

まあ、昨日の今日なので、まだクロールされていない、

っていう可能性が高そうですね。

ということで、左下に表示されていたインデックス登録をリクエストを選択。

f:id:mikanusagi:20190101003535p:plain

処理が始まり…

 f:id:mikanusagi:20190101004632p:plain

インデックス登録がリクエスト済みになりました。

f:id:mikanusagi:20190101004923p:plain

こうやって、一個ずつ状態を確認することができるようになっています。 

個人の感想ですが、、操作は旧バージョンよりやりやすくなっていますね。

 

他のメッセージがでることもあるかと思います。

詳しくはこちら⇒URL Inspection Tool - Search Console Help

 

インデックス ステータス⇒カバレッジ

Googleインデックスから取得されたクロールの情報が表示されます。

これは私のとあるサイトのページ。

f:id:mikanusagi:20190101012936p:plain

現在の状況が一目で確認できます。

 

有効のところを選択すると…

f:id:mikanusagi:20190101013252p:plain

詳細の部分で、どんな内容か確認できます。

さらに詳しく見たい時は、たとえば「送信して登録されました」を選択すると、送信して登録されたURLの一覧を確認することができます。

 

除外を選択すると…

f:id:mikanusagi:20190101013316p:plain

例えば、このインデックス未登録、というところを選択したら、

該当するURLが表示されて、そこから、先程紹介した、

URL検査のページに飛ぶこともできます。

エラーなどになっているときの対策もしやすくなっていますね。

 

 

 

他にもいくつか新しくなっていますが、

とりあえず、自分がよく使うところのご紹介でした。

また新バージョンへの移行が進んだら、状況を確認してみようと思います。

今回はこのへんで。(*'▽')/